スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

過去めぐり

この土日に実家に帰ってきました。
実はカラス口を購入しようかなと思っていたのですが、
結構いいお値段がするのですよ(>_<)
なので、過去に使用していたカラス口を探しに。

ところが模様替えで、マンガ道具などどこか片付けられてしまっていました。
結局見つからず仕舞い。
ちなみにトーンは発掘しました。もう10年近く経ってると思うのですが、なんと使えそうな状態でした。すごいなぁ。糊とかダメかと思ったのですが。
持って帰っては来なかったけど。

また、初めて描いた原稿なども発掘しちゃいました。
なんというか・・・シュールな雰囲気マンガでした(・∀・;)
私は小中学生の頃は一時期「漫画家になりたい!」と思っていたのですが、その後しばらくは興味が別の事に移ってしまったため、高校生の頃の作品はまったくないのですよ。ちょこっとでも描きつづけていたら成長過程など感じられて面白かったのになと思います。続けるのは大変だとは重々承知してますが。
その分、これから描き続けられたらなー、と思います。
スポンサーサイト

[ 2007/05/21 21:19 ] * 駄文 * | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://notfound4o4.blog95.fc2.com/tb.php/35-65e2d266

英語綴りbow penまたはdrawing pen)は、製図用の特殊なペンで、そのペン先の形状がカラスのくちばしに似ていることからこの名で呼ばれる。通常は、カラス口と表記されることが多い。二枚の鉄板の間にインクを注入して線を引く。ネジによって鉄板の間隔を調整す
[2007/10/04 04:17] こだわりの道具選び


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。