スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

デッサン力を磨きましょう。

メモメモ・・・

今日も原稿描き描き・・・とある描き直しページを下描きしたのですが、これがなんだか思い通りの絵にならないのですよ
描けないという事は、おそらく私の脳みそにもはっきりとしたビジョンが無いんだとは思うのですが。

なんとゆうか、播瀬にはデッサン力がないんですね。

現在作成中の作品では、かなりテキトーに描いてしまった絵も沢山ありますが、これではいけないと思い、いろいろ考えてます。

・人物は、必ずモデルを見ながら描く。
・背景は、必要な背景用の平面図/立面図などを作成する。

この2つで多少はマシになるでしょうか?
モデルはデジタルモデルになりそうです。以前買ったものの、全く使ってないものがあったりします。いや本来の使い方とは違う気がしないでもありませんが。
背景用の平面図/立面図は、これがあれば透視図を正確に描ける模様。
きっと。たぶん(弱気。
例によって、課題点だけ挙げておいて、今回はやっぱりテキトー路線のまま頑張ります(それでいいのか!?

~ 下描きが濃くてペン入れ時に困る播瀬 ~
下描きはついつい線が太くなってしまって、ペン入れ時にヘンになってしまっていたのですが、今回、ちょっと対策を思いつきました。

(1) まずはシャーペン(0.4)で普通にガリガリと下描き
(2) 練り消しをコロコロさせて、(1)の下描きを薄くする
(3) シャーペン(0.3)で細く描き直し
(4) ペン入れ

これでペン入れ時に悩まなくて良くなりそうです
まぁ、実は2度手間なのですが、一発で細く描けないから苦肉の策です
しばらくはこれで頑張ろうと思います
スポンサーサイト

[ 2007/07/05 01:10 ] * さくひんその1 * | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。